ホーム > マンション管理組合とは

マンション管理組合とは

 よく耳にするけど何者なのか分からない。管理組合とは?

法律によって強制的に成立する

法律によって強制的に成立する  「管理組合」という名称は明示されていませんが、区分所有法(建物の区分所有等に関する法律)では、区分所有者(マンションの専有部分の所有者)は、全員で建物並びにその敷地及び附属施設の管理を行うための団体を構成するとされており、この団体が一般的に「管理組合」と呼ばれます。
 ですから、区分所有法によれば、活動の有無に関わらずマンションでは必ず管理組合が成立し、その構成員は加入の意思に関わらず区分所有者全員となります。区分所有者は、マンションを購入した時点で管理組合の組合員になり、マンションを売却して区分所有者でなくならない限り管理組合の組合員です。脱退するという概念はありませんし、実際にそのマンションに住んでいるかどうかも関係ありません。
 この区分所有者全員で構成される管理組合で、マンション管理(参考:マンション管理とは)を行っていくことになります。

マンション管理の主体となる

管理組合はマンション管理の主体となる  管理組合は、区分所有者全員で構成され、一定のルール(管理規約等)の下で多数決の原理を原則として運営されていくことになります。一般的には、管理組合の執行機関である理事会をつくり、そこから理事長を選任して管理組合のマンション管理に対する方針等を検討していきます。理事会で検討された案は、管理組合員全員で構成する総会へ提出され案に対する審議がなされます。この関係は、内閣と国会の関係に似ています。
 多くのマンションでは、管理会社へ管理業務を委託しています。ですが、管理会社は大事なパートナーであることには違いありませんが、あくまでも契約の範囲で管理業務を代行してくれるという関係に過ぎません。 マンション管理に対する重要な決定は管理組合が主体となって行い、上手に管理会社をコントロールしながら業務を代行してもらうというのがあるべき形だと思います。



マンション管理士・行政書士なのはな法務事務所では、
マンション管理の無料相談を受付けております。お気軽にご相談ください!
マンション管理士・行政書士なのはな法務事務所へのご相談・お問い合わせはこちら


▲このページのトップへ
マンション管理士・行政書士なのはな法務事務所へのご相談・お問い合わせはこちら 千葉県を中心に、東京都 埼玉県 茨城県 神奈川県対応いたします。

【基本対応地域】
千葉県を中心に、東京都 埼玉県 茨城県 神奈川県対応いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

受付:AM9:00 - PM6:00 土日も対応いたします。
マンション管理のオススメ書籍は、こちらから マンション管理ニュースは、こちらから マンション管理のQAガイドは、こちらから